英語の勉強を周りの人に助けてもらう5つの方法

英語を流暢に話せるようになるには、「自分の力で英語を習得する」ことを学ぶのがとても大切です。ただ、もう一つ覚えておいていただきたい重要な点は、英語の勉強は一人だけでするのではないということです。あなたの周りの人たちも、あなたの目標を達成する手助けをしてくれますし、そのことに感謝することで、もっと効果的に英語の勉強ができるうえに、新しい友だちに出会うこともできます。今回は、そんな5つの方法をご紹介しましょう。

こちらの記事もどう? – 英語の勉強を頑張ってやり通す5つの理由

1. 他人の間違いから学ぶ。

英会話個人レッスンを受けているのでない限り、先生はあなた一人だけでなく、クラスの他の生徒たちにも注意を払い、全員の間違いを訂正しなくてはいけません。先生の意見は、自分に向けられたものだけでなく、他の生徒の分もよく聞くようにしましょう。同じクラスにいる生徒たちは、自分と同じくらいのレベルであることが多いので、先生が直してくれた他の生徒の間違いを聞いて、自分の英語の間違いも直すことができるからです。

2. 周りの人に、どうやって英語が上手くなったのか聞く。

教師クラスや同じグループの友だちに、英語が上手い人はいませんか?もしいれば、その人にどうやって上手くなったのか質問してみましょう。自分が今から達成しようと思っていることをすでに成し遂げている人からのアドバイスは、とても価値があります。その人と同じような英語勉強法で、あなたも同じように上手くなりましょう!

3. 他人の英語の勉強を手助けする。

他人に教えることは、自習と同じくらい勉強になります。他の人に英語を教えることは、自分が学んだ英語を本当にきちんと理解しているかどうかを確かめる素晴らしい方法です。教えることで、自分の弱点を発見することもできます。相手に説明するのに苦労する部分は、自分でも完全に理解していないので、もっと勉強が必要だとわかるからです。

4. 他の人と分かち合う。

語学の醍醐味は、分かち合うことです。言葉の役割は、情報をやりとりすることですから、最低でもあと一人は理解してくれる人がいなければ、言葉を話す意味がありません。情報や、経験を分かち合ったり、何よりも、クラスメイトや友だちと英語で楽しい時間を共有して、英語の勉強を価値あるものにしましょう。

5. 周りの人の英語をよく聞く。

人間は、口は一つですが、耳は二つ持っています。つまり、話す二倍も聞くことができるわけです。コミュニケーションは双方向対話ですから、話すだけではなく、ちゃんと聞くようにしてください。周りの人の英語を注意深く聞いていれば、的確に返事ができますし、一緒に効果的な英会話ができるようになります。

自分の周りの人に注意を払うことで、英語の勉強の効果を最大限に高めることができ、自分だけで勉強するよりも楽しめるようになります。さあ、あなたは今日から誰と一緒に英語を勉強しますか?

 

Wil Procter

Photo Credit : Unsplasn | Pixabay

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。