ブログ





知っておきたいスポーツ英語!野球でよく使われる用語の単語やフレーズ集


ダルビッシュ有や田中将大などが活躍するメジャーリーグは、「二刀流」で話題の大谷翔平がエンゼルスに加入以来、ますます注目を集めています。

メジャーリーグは、旅行会社の観戦ツアーを利用して手軽に行くこともできますが、英語を理解できればもっと楽しめるはず。

ネイティブによるオンライン英会話なら、アメリカ人講師に本場の表現を学べるだけでなく、リスニングやスピーキングが向上しやすく、レベルに合わせて都合のよいときに学ぶことが可能です。

ここでは、知っておきたい英語の野球用語の単語やフレーズの基本を紹介します。

⚾ 野球で知っておきたい用語

カタカナの野球用語の中にはそのまま英語として使える言葉もありますが、和製英語もあふれています。

・reliever(リリーフ)

・off-speed pitch(チェンジアップ)

・walk または、 base on balls、free ticket(フォアボール)

・hit by a pitch(デットボール)

・Inside-the-park home run(ランニングフォームラン)

・Lead-off man(トップバッター)

・Heart of the order(クリーンアップ)

抑え選手は「Closer」で日本でもクローサーと呼ぶことがありますが、中継ぎ選手は「リリーフ」ではなく「reliever」。

フォアボールを「walk」と言うのは、first base(一塁)に歩いて行けることから。打者は何もすることなく塁へ出れるので、「free ticket」と呼ばれることもあります。

また、「デットボール」が英語で、「死球」が日本語と思いがちですが、英語では「hit by a pitch」と言います。

⚾ 野球の実況で使われることが多いフレーズ

野球の実況がわかれば、観戦をもっと楽しめます。野球の英語での実況で使われることの多いフレーズを挙げていきます。

・Here comes a pitch.(振りかぶって)

投手が投球の姿勢に入ったシーンで。

・It’s going, going, … gone!(打球が高く上がって伸びて伸びて、入った!)

打者が打った球が高く上がって遠くまで伸びて、ホームランになるシーンで使われます。

・Swing and miss!(空振り!)

・See ya! (入った!ホームラン!)

「See ya!」は「See you」の砕けた表現で、別れの挨拶に使われるフレーズ。ボールにさよならする意味と、野手に「獲れはしないだろ」という意味から用いられています。

同じような意味合いから、ホームランのシーンでは「Good-bye, baseball.」という言い方も。ちなみに、サヨナラホームランは、「Game-ending home run」です。

⚾野球の応援でよく使われるフレーズ

野球の応援に使う英語フレーズがわかれば、盛り上がれますね。メジャーリーグなど野球を観戦しているときに、応援で使われることが多いフレーズを挙げていきます。

・Let’s go ~!(~頑張れ!)

「Let’s go ~!」は特定の選手やチームを応援するときに使われずフレーズで、「Let’s go Mariners!(マリナーズ頑張れ!)」といった形で使います。

・Come on!(頑張れ!、何やってるんだ!)

「Come on!」は「頑張れ」という意味で応援に使われることもあれば、「しっかりしろ!」「何やってるんだ!」といった意味合いでヤジに使われることもあるフレーズです。

・Charge!(それ行け!)

「charge」は「突撃する」という意味から、「それ行け!」という意味で使われています。メジャーリーグでは、「Charge!」と電光掲示板に表示されると、観客がみんな「Charge!」と叫んで応援します。

・We need a hit!(打ってくれ!)

・Strike him out!(三振をとれ!)

「We need a hit!」は打者に対して、「Strike him out!」は投手に対しての応援の言葉です。