ブログ





【英語勉強法】リーディング


みなさんも、本を読むことが英語を上達させる素晴らしい勉強法だということはご存知ですよね。でも、もし本を読むことがあまり好きではない場合はどうでしょう?本をまるごと一冊読むのが苦痛なこともありますし、時間もかかります。自分の母語でも本を読むことに興味が持てない人はなおさらですよね。では、本以外に何を読んで英語を勉強すればよいのでしょうか?
**
【新聞を読んでボキャブラリーを増やす】**

新聞は、私たちの周りの世界を幅広いボキャブラリーを使って説明してくれます。教科書やオンライン英語で勉強しているボキャブラリーならすでによく知っているという人は、新聞を読んでみれば、すぐに自分のノートや単語帳に書き込める新しい単語を見つけることができるはずです。

【業界誌を読んで英語のスキルを上達させる】

ほとんどの分野の業種には、最新の専門的知識を取り入れ続けるために英語の業界誌が存在します。あなたの職業が教師であれば教職ジャーナル、建築家やデザイナーならばおもしろそうなデザイン雑誌を定期購読してみてください。自分の仕事の分野について英語で読めば、英語で仕事をするために必要な、すべての専門的表現を覚えることができます。

【製品仕様書でスキャニングの練習をする】

ある特定の情報を探しながら文章を読むスキャニングについては、すでに別のブログでもご紹介しましたが、これは英語を勉強する際にとても重要なスキルです。英語の製品仕様書を読んでスキャニングの練習をしましょう。何かの製品について、特定の情報を探し出すことに挑戦して、どれだけ速く調べることができるかやってみましょう。

【レビューを読んで要点を探す方法を身に付ける】

どの製品を買うかや、どの映画を見るかを決める際には、レビューを読むと便利です。レビューを書いている人が、10点中何点を付けるかを推測しながら読み進めて、要点が理解できるかどうか試してみましょう。その後で、レビューの一番下に書いてある評価点数を見て、自分の推測が当たっていたかどうかをチェックしてください。おすすめのサイトは、IMDbMetacriticです。

【取り扱い説明書を読んで説明方法を理解する】

物事の仕組みがどのように機能するかを英語で説明するのは重要なスキルで、IELTSなどのテストでも頻繁に取り上げられる問題です。今度新しい機器を買うときには、英語の取り扱い説明書を読んで使い方をマスターしてみましょう。読解力と何かの使い方を英語で説明できる力を身に付けることができます。

視野を広げて、もっと幅広い分野のものを読んで英語を勉強すれば、何時間も座って本を読むことなしに、確実にスキルを伸ばすことができます。さっそく今日から始めて、何を読んだのかを下のコメント欄から教えてくださいね!

Wil Procter