英会話にもっと自信をつける5つの方法

英語を学習するときは、時々つまづいてしまうことがあったり、学習中に思いもしないような困難にぶつかったりします。人は新しい状況を前にすると、緊張したり、神経過敏な状態になってしまうこともあるかと思います。このような状態は、英会話をするときに特に言えることではないでしょうか。しかし、英会話が今までにないほど簡単にできるよう、そして英会話への自信を高めてくれる素晴らしい方法を、5つご紹介しましょう。

この時期もどう? →なぜ英語を話すことが怖いのか

1. Practice and preparationは自信をつけるために大いに役立ちます。例えば、英語のプレゼンテーションの原稿を書き直したり、リハーサルをしたりすることは、資料を覚えるのに役立ちます。資料をもっとよく知っていればいるほど、プレゼンテーションも円滑に進みやすくなりますし、自信を持って話しやすくなります。

2. Finding a techniqueすること、しかも自分に合った方法が見つかれば、声を出して話すときに気持ちを楽にする手助けになります。簡単な呼吸法を身につけることで、素早く落ち着かせてくれることに気が付くかもしれません。ビジュアリゼーションの技法を試してみることで、授業に参加するために手をあげることができるほど、もっと自信にあふれた積極的な気分になるかもしれません。

3. Reviewing what you’ve learnedは英語学習にもっと時間をかけることを要求します。しかし、もしもあなたが新しく学習したスキルを復習する時間をかけたとしたら、このステップこそが、あなたの自信の度合いに大きな差をつけることになるのです。新しい英語のボキャブラリーや文法に慣れれば慣れるほど、英会話が上手くなります。

4. Your attitude and your mindの位置づけは、学習や準備にかける時間と同じくらい大切なものです。まず、あなたは英会話ができるということ、そして、英会話をするために必要である英語のボキャブラリーは既にたくさん持っていることを忘れないでください。自分の英語のスキルにいつも自信を持つ努力をして、自分が今から上達するべきスキルではなく、すでに自分が習得した英語の考え方を重視するようにしてください。

5. Think about being calm リラックスして英語の知識を使えるように、自分に言い聞かせるようにしましょう。

以上、5つのちょっとしたことになりますが少し意識するだけで英語への苦手意識も消えていくのではないのでしょうか?

Lacie Burke

photo credit: boellstiftung via photopin cc

[bsa_pro_ad_space id=25]

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。