【英語勉強法】スピーキングテストでいい成績をとる7つの方法

【英語勉強法】スピーキングテストでいい成績をとる7つの方法

自分のレベルの確認や能力の証明のために、あなたが挑戦できる英語のテストは数多く存在しています。テストはそれぞれ少しずつ異なってはいますが、ここでは、どんなテストであっても、スピーキングの分野にて高得点をとるのに役に立つ7方法を紹介していきます。

この記事もどう?>>マンツーマン英会話かグループ英会話か

1. テストの概要や構成を調べる

ほとんどの英語の試験は、公式ホームページなどで試験がどのように構成されているかなどの情報を公開しています。これらを読むまたは先生に説明をしてもらい、しっかりと把握するようにしましょう。テストの概要を把握して、どんなことが行われるのか知っておくことは自信を与えてくれますし、それぞれの項目で何をすべきなのかを理解しておくことは、なにより合格への第一歩となります。

 

2. 確実に質問に答える

試験官は、試験の前に答えを暗記してきた受験者を見つけ出すことのプロです。どのように見つけるかの方法の一つとして、受験者の答えが本当に質問に相応しているものであるかどうかを見極めるのです。質問をしっかりと注意深く聴くまたは読み、必要な全てのポイントを含めて答えましょう。最終的に追加の情報を加えることは構いませんが、まずは、質問に完璧に答えるために、答えるべきことが漏れていないか確認することを最優先にしてください。

4. 準備はしっかり、暗記はせずに

試験に必要になるであろう基本的な情報をしっかりと理解、把握すること。あなたの過去の出来事について、将来の目的はなにか、好きなもの(そして苦手なもの)、日常生活について、また住んでいる場所についてなど、どのように話をしていくかを良く考えて準備しておきましょう。これらの一般的な質問はスピーキングの試験での導入としてよく問われるものです。

 

何度も言っておきますが、決して質問の答えを丸暗記するのはやめましょう。試験官にはすぐにわかってしまいますし、これは逆にマイナスポイントとなります。

 

5. 生活や興味のある分野での専門的な語彙を学ぶ

ほとんどの試験において、知識の幅広さと語彙力は評価の対象となります。もし、あなたが特殊な、または上級者の語彙を使ってあなたの生活や興味あることについて話すことができるなら、間違いなく得点を上乗せすることができるでしょう。

 

この2つの例で比べてみましょう:

“I have a pet dog. She stays with someone when I am at work.” 私はペットの犬を飼っている。私が仕事のときは、彼女は誰かと一緒に過ごしている。)

“I have a golden retriever. She stays with a dog-sitter when I am at work.”(私はゴールデンレトリバーを飼っている。私が仕事のときは、彼女はドッグシッターと一緒に過ごしている。)

より具体的に述べているだけで、2番目の答え方が上級者の英語力と判断されるのです。

6. 自分の答えを広げる(力を誇示する!)

時間が許す限り、答えにどんどん情報を追加しましょう。より具体的な情報を追加することで、あなたの幅広さや流暢さを披露することにつながります。また、あなたがより多くの語彙や関心を引き付ける言い回し、文の構成を扱えることを証明するいいチャンスとなるでしょう。それぞれの質問にまず本筋で答え、それから理由を説明、流れ上ふさわしければ例を追加していくのです。多くの語彙や面白い言い回し、上級者の文の構成を使っていくチャンスがあるようならば、確実に掴んでください。.絶対ではないのですが、「~なら・・・だ」というような条件文を使っていくことは、こういうときにはとても有効ですね。

7. 時間を制する

全ての試験に当てはまるとはいえませんが、例えば時間制限のあるOPICなどでは、全ての問題を解く十分な時間の配分や確保に気をつけてください。

 

 

8. 深呼吸する!

問題に返答する前に、深呼吸をしましょう。そうすることで考える時間を作るだけでなく、新鮮な空気を肺に送り込むことで、よりよくはっきりと答えることができます。また、自信も沸いてくるでしょう。試験中、意識的に深呼吸を繰り返すことで、聞き手が理解しやすい、まとまりのあるものへとあなたの発言を体系づけてくれるはずです。

 

さて、いかがでしょうか?これらの方法は当たり前のように聞こえますが、いざテスト本番やテスト日に近づいていくと怠ってしまいがちです。なので、ここでまずしっかりとおさらいし、テストに挑みましょう。また、数ピーキングですので、実際に英語を話すことは欠かせません。英語を話す友達や、英会話レッスンなどを通して英語を話すことに慣れましょう。

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。