TOEFLスコアを上げるには

アメリカ留学を目指す場合、TOEFLが成功への切符になることがあります。EFイングリッシュライブの多くの受講生もTOEFL対策コースを活用しています。

TOEFL受験の際は、英語力の他にも、あらゆる試験同様、試験テクニックを身に付ける必要があり、これにより、アメリカ留学に必要なスコアを得られるか、そうでないかが分かれます。試験テクニックは、特にインターネットベースのTOEFLテストを受ける際に鍵となります。

以下の素晴らしいヒントを活用してTOEFLテストを攻略し、自分の実力に見合ったスコアを獲得しましょう。

1. パソコンスキルを向上する

現在、iBTはTOEFLの最も一般的な形式で、パソコンのスキルが乏しいと、緊張して集中できず、回答に時間がかかってしまいます。パソコンに慣れ親しみながら、試験対策のためのオンライン・チュートリアルを最大限に活用し、成功への鍵を獲得しましょう。試験中に落ち着いて問題に取り組み、時間を無駄にすることのないよう、必ず事前に問題内容を把握しておきましょう。

2. 質問の内容を把握する

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、各質問をじっくり読み、答えを選んでください。一見正しいように見えて実は誤りである選択肢に、注意しましょう。最後に、必ず回答を見直してからクリックして回答を確定し、次の問題へ進みましょう。

3. 記憶力を伸ばす

リスニングセッションでは、メモを取れますが、長い会話を聞き、ポイントとなる内容を記憶する練習をすることが大切です。リスニングセッションは、全体で40~60分あるので、この長さのリスニングに慣れておかないと、本番中に途中で疲れてしまう可能性があります。家で実際の試験と同じ状況を作って練習し、本番に実力を最大限に発揮できるようにしましょう。

4. エッセイを攻略する

iBTには、与えられたトピックについてエッセイを書く問題があります。エッセイにおいて、独創性あふれた内容ときちんと整理された文脈は、誤りのない英語と同じくらい大切です。30分の短いエッセイを書く練習はもちろん、トピックに対する自分の考えを展開し、素早く効果的にアウトラインを書けるよう練習しておきましょう。さらに練習するには、Englishlive.ef.comのライティングクラスをご利用ください。教師がエッセイを素早く添削し、スキルを磨くお手伝いをします。

5. 時間を管理する

時間を取られてしまうようなひっかけ問題が様々あります。そのため、セッションを開始する前に、各質問に対する制限時間を慎重に設けましょう。また、流し読みやキーワードを探しながら読むなど、素早く読む練習も大切です。不正解で点数が引かれることはないので、自信がなくても推測して回答しましょう。

受験前に上記のヒントを試し、TOEFLスコアを高めましょう!

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。