英語学習を最大限に活かそう

一年のうちで、多くの人が計画を立て、目標の設定に取りかかる時期がきました。新しい仕事を見つけること、雇用の見通しを改善すること、新しい前向きな習慣を身につけることなど、人によって目標はさまざまですよね。 

こういった目標を達成するには、オンライン英会話レッスンを始めるか、今の英語力に磨きをかけることに狙いを定めるのも一案でしょう。 

英語を話す国に関しては、説得力ある事情やおもしろいエピソードがたくさんあります。 

英語を主要言語とする国は、みなさんも知っている通りです。米国、カナダ(ケベック州を除く)、英国、オーストラリア、ニュージーランドなどがそうですね。また、意外もしれませんが、英語がビジネスや高等教育のための公用語とされている国々もあります。シンガポール、ケニア、南アフリカ、スワジランド、リベリア、マルタ、ボツワナ、ウガンダ、シエラレオネなどといったところでしょうか。 

先頃、EFでは英語力に関する年次調査を実施しました。この1年間で第二言語として英語を話す人の数と、英語を学びたいと思っている人の数は大幅に増加しました。 

予想できる通り、インドや韓国などの「新興国」とされる国々では、英語を話す人の数がかなり増えました。とはいえ、英語を話す人が最も増え、集中している国々はヨーロッパです。 

ヨーロッパでは、北欧諸国がこのリストの上位を占めています。スウェーデンがトップ、その後にノルウェー、デンマーク、フィンランドが僅差で続いています。英語を話す国民の数でいえば、ポーランド、ドイツ、オーストリア、スロベニアもまた上位20カ国の中に入っています。 

やや意外ではありますが、英語を話す国民の数では、ラテンアメリカの国々がかなり低いランクに留まっています。また、中東も英語を話す人の割合は非常に低いものの、アフガニスタンではこの1年で、オンラインの英会話コースを受講して会話力アップを目指す人がいくぶん増加しています。 

興味を引くもうひとつの発見は、アフリカの英語人口とその英語力の伸びです。英語がビジネスや高等教育の公用語とされる国であれば予想できる通り、南アフリカでは、英語を話す人の増加が顕著です。一方で、他の諸国の英語人口の増加は、経済成長への明るい兆しであるとともに、生活水準の向上とキャリアアップを志向する若い世代の影響力を示すものとなっています。 

ビジネスシーンでの英語の重要性 

なぜ英語がキャリアや収入にそれほどの影響を及ぼすのか、と不思議に思うのも当然です。 

でも事実上、英語はビジネス界の共通言語なのです。 

世界的に見ても、英語力が高いほど、高い国内総生産と高い平均総所得、その他の主要な経済指標などの利益が多くもたらされることはEFイングリッシュライブの調査結果が示すとおりです。 

この調査ではまた、農業経済から製造業やサービス業の経済に移行する段階の一つとして、高い英語力があげられることも明らかになっています。 

小売業は依然として主要な経済的要素ですが、電子商取引が急速に成長し続けるにつれて、この分野にも変化が見られるようになっています。成功するインターネット販売ビジネスの大きな特徴として、英語サイトの提供があります。 

より多くの企業、特にSME(中小企業)が国際的にビジネスを行うようになるのと並行して、英語を話すスタッフの需要も増え続けています。ひと頃は、英語を話す従業員に対する最も大きな需要は上層レベルに限られていたものです。でも今では企業のほとんどの分野に需要が存在します。そして、これに応えるために多くが従業員に対する英語教育を実施し始めているのです。 

英語はまた、協力関係の構築やアイデア共有のための主要言語でもあります。他の言語に抜きん出て、科学雑誌は英語で出版されています。ただ、これは決してアラビア語、中国語、あるいはポーランド語などで開発された技術的思想や概念が有効性や実現性の点で劣っているという意味ではありません。インターネットは、国際協力を新しい規範としました。地球規模でアイデアを共有するその力は絶大なものです。 

英語力と適切なインターネット環境はまた、豊富な教育と学習の機会も与えてくれるようになりました。莫大な量の情報が、ちょっとしたキー操作で手に入ります。そして、この情報の大半は英語で書かれています。翻訳アプリに頼るのではなく、英語力を我が物にすることは、疑う余地のない強みになるのです。 

調査で得られたその他の発見   

この調査の興味深い所見の一つは、英語力と社会との間の明らかな関連性に関わるものです。英語圏の国や英語能力の高い国はより開放的で、階層性が低く、一般に生活の質が高いということがわかったのです。 

予想される通り、主として小学校の英語教育への取り組みが増したことによって、若い成人の英語力が最も高くなっています。 

また、女性は男性よりも英語が上手な傾向があります。 

やや意外だったのは、幹部職よりもマネージャー職の方が英語力が高いことでした。一部には、若い労働力がどんどん出世階段を上っていることが反映されているのかもしれません。 

将来のためのステップ 

新年のこの時期、新しい習慣を身につけるというコンセプトは健全なものであり、それには一般的な新年の抱負に比べて多くの利点があります。 

ここで、新しい年を迎えるにあたり、最大限に可能性を引き出すためのヒントをいくつか紹介しましょう。 

  • EFイングリッシュライブのコースに登録する。オンライン形式のクラスなら、知識豊富な熟練講師について手軽に学習することができます。 
  • 機会があったらいつでも英語を聞く。これは、音楽を聴くことや、英語のテレビ番組、映画、演劇を見ることを含みます。 
  • オンラインの英語チャットルームに参加する。インターネットは、さまざまな話題について英語で語り合える最高の場です。 
  • 英語で書かれた本やインターネット記事を見つける。英語の練習だけでなく、知らない単語を調べるチャンスにもなります。 
  • デバイスのデフォルト設定を変更する。ある言語に完全に没頭することが学習プロセスの加速につながるというのは、多くの調査が示している通りです。コンピュータやタブレット、携帯電話の既定の言語設定を英語に変更して、英語の勉強に最適な環境を作りましょう。 
➡ネイティブ講師が指導するオンライン英会話ブログ読者様限定10%割引!!
無料でマンツーマンレッスンを体験できて、さらに入会後も初月10%OFFで受講できます。

類似の記事:自宅で英語を学ぶための10のヒント 

 

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。