自宅で英語を習得するには

英語を流暢に話せるようになるために、英語圏の国に住む必要はありません。賢い学習方法を用いれば、お住まいの町を出る必要さえないのです。以下の10のヒントを活用して、お住まいの街にいながらにして、英語を上達させましょう。

1. 英語環境を作る

英語環境を作るために、英語圏の国に住む必要はありません。例えば、英語で買い物リストや日記を書いたり、英語の新聞を読んだりラジオを聴いたり、出勤中に携帯電話で英語を聴いたりするなど、英語を生活の中に取り入れるための方法を見つけましょう。

2. ネイティブスピーカーと友達になる

英語圏の国に住んでいなくても、数多くの外国人が近くに住んでいるはずです。外国人バーやレストランに行ったり、スポーツクラブや交流クラブに参加したり、ランゲージエクスチェンジをアレンジしたりするなど、ネイティブスピーカーと出会うための方法を見つけましょう。地元の観光名所のボランティアガイドになり、世界中からのネイティブスピーカーと出会うことさえ可能です。

3. 共に学ぶ仲間を見つける

英会話を練習するために、ネイティブスピーカーは必要ありません。学習パートナーを見つけたり、英語クラブを作ったりして、定期的に仲間と会って英語を話しましょう。お互いで励まし合ったり、苦手なところを助け合ったりできます。

4. 生きた教材を使う

教科書にある英語を読んでいるだけでは退屈してしまうでしょう。ネイティブスピーカー向けに書かれた英語の書物を読んでみてください。はじめは四苦八苦しますが、読めるようになると非常に楽しめます。英語の本や雑誌が見つからないのなら、インターネットで英語のニュースを毎日読みましょう(より易しい記事をお探しなら、ぜひEnglishtown マガジンをお試しください)。

5. オンラインを利用する

オンラインを利用して、世界中の人々とやり取りしましょう。チャットルームやフォーラムに参加したり、オンラインコースを受講したり、文通友達を見つけたりすることで、英語を学びながら異なる文化に触れられます。ソーシャルメディアを利用して、今まで以上に簡単に世界中の友達とやり取りできます。

6. 現実的な目標を設定する

英語を学ぶ目的は何でしょう?職場で昇進したり、外国人の同僚とやり取りできるようになるためですか?留学または旅行で英語圏の国に滞在するためでしょうか?短期目標と長期目標を設定して、進捗状況を確認しましょう。

7. 本場の英語を聞く

たとえすべてを理解できなくても、普通のスピードで話されている英語を聞いて、耳を鍛えましょう。また、字幕などの文字を見ずに聞く練習をして、繰り返し聞きながら、面白い内容や聞きなれない単語を探してみてください。オンラインにて、英語圏の国のポッドキャストや報道機関からのオーディオおよび動画ニュースが無料で簡単に見つかります。

8. 新しい単語を楽しく学べる方法を見つける

歌が好きなら、お気に入りの英語の曲に出てくる単語を調べてみましょう。目で見て覚えるタイプなら、ポストイットに新しい単語を書いて、家の至る所に貼ってください。単語の横に面白い例文や絵を添えると、より覚えやすくなります。

9. 文化を学ぶ

英語圏の国の人々や文化について学びましょう。言語を学ぶということは、単に文法や単語を身に付けるだけではなく、異なる話し方をし、様々な考え方を持つ人々とのやり取りを学ぶということです!

10. 何をする際も楽しく!

言語を学ぶには努力が必要ですが、楽しみながら学ぶと夢中になれます。ゲームやクロスワードパズルをしたり、歌を歌ったり、漫画を読んだりしましょう。そして、たとえ間違えてもあまり気にしないでください。多くの場合、間違えてこそ力が付くのです

関連する記事

1 comment

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。