英会話をコントロールするコツ

英会話は双方向のコミュニケーションであるはずですが、ときには、限られた時間しかなかったり、考えを理解させる必要があったり、会話のテーマに自信がないことが理由で会話の支配権を握らなくてはならないことがあります。今回は、そんなときに英会話をコントロールできる簡単なコツをご紹介しましょう。

こちらの記事もどう? – 英語上達法:音楽を聴いて英語を学習しよう!

【目的を明確にする】

会話が建設的ではなく、主題から離れていっていると感じるときには、もう一度焦点を絞り直してください。‘What are we aiming to achieve here?’といった表現を使って、会話をいったん止めて考えさせましょう。相手に目標を思い出させることができれば、もっと建設的な会話を続けることができます。

【ゆっくりと明確に話す】

多くの研究で、ゆっくり話す人のほうが、もっと自信に溢れていて信頼できる印象を相手に与えることが証明されています。会話をするときにはスピードを落として、その場に自信を付け加えるようにしてください。あなたが話しているときに、会話中のほかの人を少し待たせることで、あなたがその場を仕切っているということを理解させましょう。

【ボディーランゲージを使う】

ボディーランゲージは複雑なテーマですが、大まかに言えば、ポケットから手を出して、もじもじ動いたりせずに、背筋を伸ばして座るか立つかして自信をあらわにします。もう一段階進んで、次に誰が話すかを手振りで示すこともできます。

【注意深く聴く】

会話を掌握するためには、相手が何を言っているのかを理解する必要があります。会話を注意深く聴いて、相手が言ったことに基づいて議論の土台を築きましょう。相手に最初に話す機会を与えることで、相手が言ったことに基づいて、より確固とした議論を展開して納得させることができます。

【言いたいことと言いたくないことをはっきりさせる】

会話の主題を誘導しなくてはいけないときもあります。‘Let’s focus on (topic).’ / 「(主題)に焦点をあてましょう。」といった表現の後にあなたが話したいことを続けたり、‘I don’t want to talk about this now because (reason).’ / 「今は(理由)ですからこの話はしたくありません。」などと言うことができます。

ほかのやり方で対処した方がよいと思うときには、‘Take some time to think about this and put your ideas in an email to me.’ / 「少し考えてみてからメールであなたのアイデアを教えてください。」と言って相手に選択肢を与えましょう。

 

英会話をコントロールするために失礼な態度をとる必要はないということを覚えておいてください。きっぱりと礼儀正しく、自分の意見を明確にしましょう。今回ご紹介したコツを使って、楽しい英会話ができるようにしてくださいね。

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。