イギリスとアメリカ文化の違い:冬の習慣やイベント

ご存知の通り、冬にはたくさんのお祭りやイベントが英語圏で行なわれます。その中でもクリスマスは世界中でも知られる伝統行事として有名ですよね。でも、それ以外にも冬に行なわれる伝統行事はたくさんあります。 実はイギリスとアメリカでは同じ冬のイベントもちょっと違ったお祝い方をします。食べるものや飲み物が違ったり、呼び方が違ったりと… 皆さんはその違いを知っていますか? 5つのクイズにしてみたので、ぜひ挑戦してみてください!

こちらの記事もどう? – 世界のクリスマス【オーストラリア版】-真夏のクリスマス

 

1. エッグノッグ or モルドワイン?

先日のブログでもご紹介したエッグノッグは、卵、ミルク、クリーム、砂糖そしてお好みのスパイスで作られた甘い飲み物。ラムなどのお酒を少し入れて楽しむ人も多いです。モルドワインはワインにスパイスとシトラスを入れ温めて飲む冬には欠かせないドリンク。どちらも名前を聞いた事ある人も、実際飲んだことがある人もいるかと思いますが、それぞれアメリカとイギリス、どちらの国で人気があるのでしょうか?

 

2. 七面鳥 or ガチョウ?

冬のお祝いの席に欠かせない七面鳥とガチョウ。両方とも大きな鳥として知られていますが、北米で食べられる鳥はどちらでしょうか?

 

3. Thanksgivingを祝う国は?

Thanksgiving(感謝祭)は家族で集まり、その年に起きたことや家族に対し感謝の気持ちを表す日です。以前、こちらの記事でもご紹介しました。11月の第四木曜日にお祝いをしますが、これは感謝祭を祝う2つの隣同士の国のうちのどちらかになります。その2つの国とは?そして11月の第四木曜日に祝うのはどちらの国でしょうか?

 

4. ファーザークリスマス or サンタクロース?

クリスマスに子供たちにプレゼントを渡しに来る、ちょっと太っていて、白髭で赤い洋服を着ている人といえば、誰でしょう?皆さんわかりますよね?サンタクロース? それともファーザーサンタ? 日本だとサンタクロースが一般的ですが、これってイギリスでの呼び方なのでしょうか?それともアメリカ?

 

5. クリスマスクラッカーを使う国は?

クリスマスクラッカーとは筒型のクラッカーで、両端をひっぱると音とともにプレゼントやジョークなどが書かれた紙が中から出てきます。ペアで引っ張り合いをして、クラッカーをちぎった人が中のプレゼントをもらうことができるとっても楽しいパーティーゲームです。さて、このクリスマスクラッカーを使う国はイギリスとアメリカのどちらになるでしょうか?

以上、5つの冬のイベントや習慣のご紹介でしたが、皆さんは全てご存知でしたか? それとも、中にははじめて聞いたものもあるかもしれませんね。最後に、答えあわせをしてみてくださいね。

 

Answers
1.Eggnogはアメリカ、mulled wineはイギリスで人気の飲み物。
2.Turkeyはアメリカでイベント時に食卓に出されますし、イギリスでも人気ですが、実はそれにあたる伝統的なイギリスの食べ物はgooseです。
3.Thanksgivingはアメリカでは11月の第四木曜日ですが、カナダでは10月の第二月曜日です。
4. イギリスでは多くの人がFather Christmasを使います。アメリカではSanta Clausです。
5. クリスマスの食事の時にイギリスではChristmas crackersが使用されますが、アメリカではこのような習慣はありません。

 

Lena

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。