【英語勉強法】色を使って英語を上達させよう!

【色と英語の勉強の関係】

あなたは白黒の世界を想像できますか?それはきっと退屈な世界だと思いませんか?色は人生をおもしろく、楽しいものにしてくれますし、もっと効果的に英語を勉強する手助けもしてくれます。今回は、色を使って英語の上達を最大限に高める方法をいくつかご紹介しましょう。

色が英語の勉強にもっとも役に立つのは、同じ要素があるものの関連性を示すときです。さまざまな種類の単語や、時制の型を理解するのに使うことができるということです。何に使うにしても、覚えておくべき重要なことは、一貫性を持つことと、あまりたくさんの色を使いすぎないということです。

【条件文の勉強に色を使ってみよう!】

それでは、条件文を例に、よくある英語の構文の覚え方をご紹介します。

例1:
If I had a lot of money, I would buy a new house.
(If +単純過去), (would +単純現在)

色を使えば、これをもっとわかりやすくすることができます。

例2:
If I had a lot of money, I would buy a new house.
(If +単純過去), (would +単純現在)

色を加えることで、文章の構造をもっと簡単に見分けられるようになります。そして、同じ色分けを使うことで、どうやって単語の順番を変えられるのかが、ぐっと理解しやすくなります。

I would buy a new house if I had a lot of money,
(Would + present simple) (If + past simple)
例3:
I would buy a new house if I had a lot of money,
(Would +単純現在) (If +単純過去)

【さっそく英語の勉強に利用しよう!】

効果的な色分け法を発見することで、あなたが視覚型学習者であった場合にはなおさら、自分のノートが理解しやすくなるはずです。色付きのペンか蛍光ペンを何本か調達するだけで、この方法を始める準備は万端です。同じ方法を使って、文章を読みながら新しいボキャブラリーを勉強することもできます。

さあ、ぐずぐずしている暇はありません。今日からさっそく、あなたの英語学習に色を取り入れましょう!

 

Wil Procter

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。