【英語勉強法】英単語のスペルミス

【英語勉強法】英単語のスペルミス

英語勉強していることで、英単語を覚えたり英作文を書くことが多くなりますね。慣れないアルファベットで文章を書いたり、単語を覚えるのは大変ですよね。そのなかでも英単語のスペルミスは、してしまうと少し恥ずかしくなります。それさえなければ素晴らしい文章も、英語のスペルミスをすることで、文章全体までもに影響を与えるかもしれません。英語のスペルミスを避けることは簡単ですから、今からその方法を4つお伝えしましょう。

1. スペルチェッカーを英語に切り替える

簡単に聞こえませんか?でも、大勢の人がこれをすることを忘れています。自分が書いている言語以外にスペルチェッカーをセットことは、とても気が散ることでもあります。たくさんの単語に赤い下線が引いてあると、本当の間違いがどれなのかが分かりにくくなりますよね!

多くのワードプロセッシングプログラム(Microsoft社のワードなど)は、多言語でスペルや文法をチェックする機能があります。英語でもアメリカ英語かイギリス英語と選択肢があるので、あなたの好きな英語に設定することが大切です。なかには、余分にプラグインやサービスパックをダウンロードしなくてはいけないかもしれませんが、英語で書くことが多いのであれば、長い目で見ると価値があります。

 

2. 書き終わったものを2回はチェックする!

書いたものを通読するのに、そんなに長い時間はかかりませんし、間違いが一つもないことを確実にしたければ、本当にチェックする価値があります。自分の文章を見直している間に、一度に一つのことを集中してチェックすればよいのです。一度目に、文章がちゃんと意味をなしているかを確認すれば、二度目には、最終チェックとして、英語のスペルミスを確かめる必要があるという訳です。また、二度目は文章の最後から逆に読むこともお勧めします。逆に読むことによってスペルマ違いの英単語も発見しやすくなります。

 

3. 異形同音異義語に注意する

異形同音異義語は、発音は同じだけれども、スペルも意味も違う単語のことで、例えば‘see’ と ‘sea’がそうです。どちらのスペルを使えばよいのかが、はっきりわからない場合には、必ず辞書を引きましょう。これはあなたの発音にもよりますが、単語によっては、ネイティブスピーカーにとって違う音であっても、あなたにとっては同じように聞こえることがあります。こういった単語を確認することに時間を取るようにしましょう。

 

4. 携帯端末のオートコレクト機能に頼りすぎない

予測入力は、きちんと使いこなせば大幅に時間を節約できます。けれども、送信してしまう前に、正しい単語が選択されているかどうかを確認しなければ、大きな問題を起こしてしまうことにもなりかねませんよ!

 

どうですか?この簡単な4つの方法で英語のスペルミスを無くしませんか?このブログではこれ以外にも英語勉強法を紹介しています。これであなたの英語勉強法にも拍車がかかりますね。

 

Helen

Image by chipquary

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。