ネイティブスピーカーのように英語を発音する5つの方法

英語を母国語とするネイティブスピーカーのように話せるようになりたいけど発音がうまくいかない、自然な英語が出てこないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

今回はそのような方のために5つの方法を用意しました!

 

こちらの記事もどう? – 自宅で英会話を独学で学ぶ5つの方法

 

1. ネイティブの会話をよく聞いてみる

発音のいい英語を話すためには、発音のいい英語を聞くこと!リスニング力をアップさせるのが成功へのカギです。

近くにネイティブがいなくても大丈夫。映画や海外ドラマからネイティブの会話をリスニングしてみましょう。

英語は英語でも国や地域によってはアクセントやイントネーションが違うので、いろいろな英語を聞いて真似して発音してみるようにするのがオススメ。

日本語でも他方言を繰り返してまねしていれば、その土地の人になりきって話せるようになるのと同じ原理です。

ネイティブ講師のオンライン英会話で、発音に磨きを!今なら無料で、一週間ネイティブのマンツーマンレッスンを体験してオンライン英会話を楽しめます。

 

2. イディオムを使う

ネイティブの会話を聞いているとおもしろいイディオムを発見することがあります。

そのまま訳すと全く意味がわからなくても、ネイティブの間ではイディオムとして成り立っているのです。

例えばイギリスでは“Not my cup of tea”というイディオムをよく耳にします。

そのまま訳すと「私の紅茶ではない」となりますが、「私の好みではない」という意味になるのです。

このようなイディオムを会話の中に混ぜることでネイティブのような英語に少し近づきます。

 

3. スラングを使う

イディオムと同じようにネイティブの会話の中にはスラングがたくさん登場します。

スラングを使うことでネイティブのように、会話にカジュアルな印象を与えます。

ただ、スラングはあくまでもカジュアルな会話で使うようにしてフォーマルな場面では使わないようにしましょう。

 

4. 発音を磨く

「何」を言うかだけでなく「どう」話すのかも重要です。会話のペースはもちろん、正しい発音で英語を話すことで聞き手にとっても理解しやすいです。

音読は発音の練習にぴったり!ネイティブの話し方や抑揚のつけ方なども参考にして何度も練習しましょう。

 

4. ネイティブスピーカーと会話する

ネイティブのような発音を手に入れたいのであれば実際にネイティブと話すこと!彼らの英語を理解して、さらに自分の話す英語も理解してもらい会話のキャッチボールができるようになるのを目標にしましょう!

ネイティブスピーカーのように話せるようになるにはネイティブのまねをするのが一番です!恥ずかしがらずにどんどんネイティブになりきりましょう!

関連する記事

1 comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *