【英語 法助動詞】知っておきたい法助動詞10個

英語 助動詞 一覧をおさらい

英語 法助動詞とは?

英語 法助動詞とは、動詞を助ける、いわば脇役として重要な単語のことです。よく使われる英語 法助動詞を確認できるよう、記事にまとめました。

英語 法助動詞は、料理でいうとレシピをより風味豊かにする材料のようなものです。

例えばパスタ料理でのニンニクを考えてみましょう。

英語 法助動詞はニンニク?英語法助動詞をおさらいしよう

一片加えるだけで、味にガラっとアクセントが加わりますよね。

ニンニクが効いていなくても料理として完全に受け入れられることもあるかもしれませんが、やはり味の決め手となるニンニクを加えることで風味豊かになると考えると、たくさんの料理には欠かせません。

オンライン英会話で英語を身に付けたいなら、英語で法助動動詞がどのように使用されるかを理解し、アウトプット時に英語をより流暢なものにさせるために重要です。

ニンニクだけでは料理にならないように、助動詞は文の他の動詞があり始めて意味を成します。

以下の英語 法助動詞 が使われるポイントを4つの目的の種類に分かれます。

  • 可能性のレベルを示す
  • 能力を示す
  • 義務を示す(何かをするための要件)
  • 許可を与える

英語 法助動詞 10個つを分かりやすくおさらい!

主な助動詞は9つあります。 英語 助動詞の一覧リストは次のとおりです。

  1. Will
  2. Would
  3. Should /Ought to
  4. Could
  5. May
  6. Can
  7. Shall
  8. Must
  9. Might

英語 法助動詞をおさらい

  1. Will

この法助動詞は、何かが行われる確実性を伝える際に使用されます。

I will pay my student fees.

助動詞「will」が使用されている場合、それはメインの動詞が確実に行われることを意味します。

  1. Would

助動詞「would」は条件を示します。 メインの動詞が発生する可能性はありますが、別の条件を満たす必要があります。

この法助動詞を含むフレーズの後には、「if」などの接続詞が続きます。

I would pay my student fees if I had the money in my account.

「would」は過去形で表記されます。

  1. Should / Ought to

法助動詞「should」または「ought to」が使用されている場合は、すべき、という意味を持ちます。

メインの動詞を実行する必要があるが、まだ完了していないことを示します。

その義務が制定されていない理由はたくさんあります。 通常、フレーズ、句、または文は、メインの動詞がまだ完了していない理由を説明します。

結合は「but」を使って、句をリンクすることがよくあります。

I should pay my fees, but I have not gotten around to doing it.

ShoudとOught toの法助動詞のわずかな違いは、「ought to」が「should」よりも義務がわずかに少ないことを意味するということです。ニュアンスが異なるということですね。

I ought to go to the bank to pay my fees, but I have a bad cold.

  1. Could

「could」は、メインの動詞を完了する能力があることを示す法助動詞です。 ただし、必要なことを実行しなかった理由があるという意味があります。

I could pay my fees. I have chosen not to.

Couldは強力な動詞であり、問題を示唆するためによく使用されます。

  1. May

「may」は二重の目的を持つ法助動詞です。 何かをする許可を示しています。 また、何かが起こる可能性があることも示しています。

許可を与えるために使用される場合はほとんどで単純な節、文、または句に現れます。

You may pay my fees on my behalf.

これまで例で見てきたように、「may」助動詞は何かが発生する可能性を示すためにも使用できます。

My fees may be paid.

この意味では、動詞は可能性と交換可能ですが、何かが発生する可能性が高いことを意味します。

「may」は過去形での助動詞としては使用できません。

  1. Can

この法助動詞は、行動を起こす能力を示しています。

My fees are overdue. I can pay them on Monday.

「Can」はmayと同じく、過去形には使用できません。 何かが起こったのではなく、何かが起こると未来のこと述べています。

  1. Shall

この動詞は、何かが起こることを示しています。 ただし、多くの場合、状態が暗示されます。

「shall」が使用される動詞の形式である場合、句を接続するための単語や接続詞の「when」が使用されることもあります。

I shall pay my fees as soon as my funds clear.

  1. Must

法助動詞「must」は必ず何かが確実に行われる、または起こることを示しています。「shall」などを表す意志より強い言葉であり、行われる行動が非常に重要であることを意味します。

I must pay my fees, or I will not be allowed to attend lectures.

法助動詞を使うポイントをおさらい

  1. Might

この法助動詞は、何かの可能性を示唆しています。

「might」が使用される場合、結果はバランスが取れています。 何かが発生する可能性がある、または発生しない可能性があることを意味します。

I might pay my fees.

多くの場合、メイン動詞が実行されない理由があるという隠された含意があります。 時々、その理由は明らかにされます。

I might pay my fees. It depends on whether my classes get better.

英語クイズでおさらいしよう

最後に、的確な法助動詞を選ぶ英語クイズでおさらいしてみましょう。

多くの法助動詞の違いは微妙なので、ネイティブスピーカーでさえ時々混乱させられます。

以下のクイズで練習して、まずは慣れてみましょう。

  1. I ______ go to the club with you on Saturday, but I am visiting my parents and am not sure if they have made plans for me.
  2. When we finish our coffee, we ______ protect the environment and recycle our cup.
  3. I ______ definitely finish my essay on time.  I plan to work on it all weekend.
  4. After we have bought our tickets, we ______ go to the concert.
  5. ‘Now I am here, I ______ give you your Christmas gift. Here it is.’
  6. When we left our grandparents’ house, they ______ always give me a pound.
  7. When the lion attacks, the giraffe ______ escape. It has an even chance of doing so.
  8. ‘Thank you, you ______ pay for my coffee.’
  9. When you enter the country, you ______ have your passport.
  10. When we go to dinner at a friend’s house, we ______ take a small gift.

クイズの答え

  1. Could – there is a chance of going to the club, but it is not certain. Also acceptable is ‘might’.
  2. Should – protecting the environment is something that is a definite responsibility. Also just acceptable is ‘ought to’.
  3. Will – here, the plan is that the essay is completed. Also acceptable is ‘can’.
  4. Shall – this is the best answer because the condition for attending the concert is the purchase of tickets. However, ‘can’ is also acceptable.
  5. Can – giving the gift was not a possibility until the person arrived. Also acceptable is ‘shall’.
  6. Would – the event happened in the past, and the award of a pound was conditional on the visit to the grandparents.
  7. Might – the chance is equal. ‘Could’ is acceptable, although the implication is that it probably will not escape.
  8. May – permission is politely given. ‘Can’ just about passes, although this is a less polite way of giving permission.
  9. Must – the only acceptable answer because it is an absolute condition.
  10. Ought to – it is something that should happen, but does not absolutely have to happen. Also acceptable are ‘should’ and ‘could’.

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。