イギリスへ大学留学する十分な英語力に自信がない人へ

留学は素晴らしい経験です。最も選ばれる留学先のひとつに、イギリスの大学があります。質の高い教育機関が様々あり、就学中に英語力を伸ばせるチャンスがある他、興味深い歴史的・文化的名所に簡単にアクセスできるイギリスは、まさに留学にぴったりです。しかし、イギリスに留学できるだけの英語力をお持ちですか?以下の記事を読み、その答えを見つけましょう。

 

castle-336498_640

ほぼすべての大学で、英語力の指標としてIELTSが採用されていて、最低でも5.5、トップレベルの大学では8が入学条件です。しかし、IELTSで良いスコアを取るだけでは不十分です。たとえ最も広範なスキルが網羅された英語試験を受けていたとしても、実際に英語圏の国で学ぶための準備にはならないことが、これまでの留学生の実態により示されているからです。そのため、多くの大学では、留学生のためのサポートを提供しています。大学で良い成績を目指す留学生にとって、こうしたサポートは、コースのメイン講義と同じくらい価値があります。

入学準備英語コースも人気のオプションです。多くの場合、大学により開講されていて、メインコース開始前の数か月間、受講できます。質の高い入学準備英語コースでは、より一般的な英語コースでは学ばないような、大学入学後に必要となる特殊な英語スキルをすべて身に付けられます。

英語は、大学入学の条件となっているだけではなく、イギリスで就学するためのビザを取得する際にも必要です。英語を母国語としない留学生は、イギリス留学に必要なビザを取得するために、英語力を証明しなければなりません。ビザ取得のための具体的な条件は、随時変更されているので、内務省のウェブサイトで現在の条件について確認してください。一般に、IELTS などの英語資格をひとつ取得すると、大学入学およびビザ取得の条件を満たします。

留学生の多くが、イギリス滞在中に就労しています。これは、英語圏の国で生きた社会経験ができるよいチャンスです。働く際は、イギリスで就労できるビザを持っているか、持っているのなら、何時間就労が許可されているかについて、必ず確認してください。但し、ほとんどの雇用者は、英語試験のスコアには興味がなく、実際に顧客と会話ができるかを重視しています。そのため、リーディングやライティングの力だけではなく、スピーキング力もしっかり身に付けておくことが大切です!

とはいえ、最も肝心な点は、イギリス滞在中に英語力が伸びるということです。大学入学の条件を満たしたら、一生懸命勉強すれば、コースを修了し、努力に見合った資格を持って帰国できます。そう、努力さえすれば、イギリス留学も夢ではありません!

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。