【料理英語】 英語で計量単位を説明できますか?

世界の国々では、日本で使われていない単位を使っているため、海外に行くと混乱してしまうのが重量や計量の単位です。温度や長さなどの単位も国ごとに異なるため慣れるまで計算がとても大変です!

オンライン英会話のEF English Liveでグループレッスンを受ける際も、他国の生徒さんと話すときに単位が違うので混乱してしまうこともあるのではないでしょうか?

自分の身長をフィートで言えますか?摂氏と華氏の違いはわかりますか?例を挙げるときりがないので、今回はまず食べ物に使う計量単位にフォーカスして説明をしていこうと思います。

こちらの記事もどう? – 料理 英語:料理するときに便利な英単語

 

【‘Teaspoon’ と’Tablespoon’ 】

私はこの二つを、‘little spoon’と‘big spoon’と呼びたいと思います。この計量法を使うときはたいてい“two teaspoons of sugar” orや“1 tablespoon of vanilla extract”のように、スパイスや少量の液体を計るときです。

【‘Cups’】

この計量法はもう少し多めの量のスパイスや液体、そして小麦粉などの粉状のものに使います。1 cupは約8オンス、もしくは約226グラムです。

【‘Pinch’ 】

この単語は、なにかが少量だけのときに使います。‘pinch’分のスパイスを計るには、親指と人差し指でスパイスをつまみ上げます。これが‘pinch’の分量です。この計量法は、親指と人差し指でつまみ上げやすい固体の品目に使われることが多いです。

【‘Ounces’と‘Grams’】

英語のレシピがどこで書かれたのかによって、‘ounces’または‘grams’と、計量法が違います。アメリカのレシピでは‘ounces’と書かれているでしょうし、その他の大多数の国では‘grams’と書かれているはずです。どちらもスプーン一杯以上のものを計るときに使われます。この計量法は、液体、固体、スパイス、その他にも、あなたが計りたいものは何にでも使用できます。1オンスは約28.3グラムです。

【‘Cloves’】

この単語は主にニンニクに使われます。もしもニンニクを使ったことがあるなら、一球のニンニクは簡単に一片ずつに分離することに気がついたかと思います。そして、この小さな一片ずつのニンニクがそれぞれ‘clove’と呼ばれているのです。

【‘Inches’と‘Centimeters’ 】

この二つの計量法は、食べ物の長さがとても大切なときに使われます。例えば、チーズ入り唐辛子を作るのに1インチの長さのハラペーニョが必要だという場合などです。この計量法は固形の食べ物に使用され、1 インチは約2.5センチです。

次に、今までご紹介した計量単位を復習するために表にしてみました。

 

  • 1 teaspoon = 5 milliliters
  • 1 teaspoon = 0.33 tablespoons
  • 1 cup = 16 tablespoons
  • 1 cup = 8 ounces
  • 1 ounce = 28.3 grams
  • 1 inch = 2.5 centimeters

 

さあ、あなたのお気に入りの英語のレシピを教えてください。ちゃんと正確な計量単位を使うようにしてくださいね!

Kelly Dawar

Photo Credit: PhotoAtelier | Flickr

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。