ブログ





簡単に流暢な英語を話す5つの方法


流暢に英語を話せるようになるのは、至難の業に見えるかもしれません。しかし、どんな旅もそうですが、最も難しいのは最初の一歩を踏み出すことです。以下にある5つの簡単なステップに従い、流暢な英語を目指し、今すぐ一歩踏み出しましょう。

1. 微笑み、一息つく

英語がどのレベルであれ、自信が肝心です。英語を話す時は、微笑むとより自信を持てます。新しい友達さえできるかもしれません。また、話している最中は、一息つくことも忘れないようにしましょう。言葉に詰まってしまったら、止まって一息つくと、自信がよみがえります。

2. 例文を使って単語を覚える

単語は、単語だけのリストではなく、例文も含めて覚えましょう。単語帳を使っているのなら、例文を書くと、その単語が文脈の中でどのように使われているかがわかります。面白い話や日常生活に関わりのある物事をヒントに、できるだけ覚えやすい例文を作りましょう。そうすると、頭の中にしっかり残ります。

3. 聞いて学ぶ

英語のラジオを聴いたり、英語のニュースや映画を観る際は、聞こえてくる音に集中しましょう。新しい表現に出会ったら書き留めて、わからない単語はすべて調べたり、先生に聞いたりしてください。また、ネイティブスピーカーと話している時に、わからない熟語や表現があったら、恐れずに説明してくれるように頼みましょう。実生活の中で学ぶことで、教科書で勉強するよりも、より自然で生きた英語が身に付きます。

4. 口の筋肉を動かす

英語には、母国語にはない音もあるでしょう。こうした音を正確に発音するには、練習しながら、口の筋肉を発達させなければなりません。家で、大きな声ではっきりと話す練習をしながら、それを録音し、正しく発音できているかを確認しましょう。ひとりで練習している時に、各音を強調してみてください。実際の会話の中で、より簡単にはっきりと話せるようになります。

5. ネイティブスピーカーを真似る

ネイティブスピーカーの真似を通じて、数多くのことを学べます。気に入った声の人を選び、その人の会話を録音しましょう。そして、録音した中から文章をいくつか選び、真似をしながら実際に話す練習をしてください。その際は、各音節の音とどの単語にアクセントがあるかに注意しましょう。

スピーキングの練習の際は、日常生活に関連のある内容を楽しみながら練習することが大切です。定期的に様々なテクニックを学び、流暢に英語を話せるようになりましょう。