【英語学習法】模範となる人を見つけよう!

人生において、模範となる人はいつでも必要です。模範となる人は、私たちに素晴らしいことを成し遂げたり、より良い人間になろうという気を起こさせてくれます。でも、いったいどうやって模範となる人が英語の学習を助けてくれるのでしょうか?そこで今回は、あなたの英語を上達させてくれる、模範となる人の選び方をご紹介しましょう。

【模範となる人の選び方】

まず、自分が英語で達成したい目標をすでに達成している人を考えてみてください。職場で海外からのお客さんと流暢に英語でやり取りができる同僚でもいいですし、英語で上手く人前で話ができる政治家でもかまいません。あるいは、英語圏の国へ旅行して素晴らしい経験をした、英語のできる人でもいいわけです。誰を選ぶにしても、英語のネイティブスピーカーではない、自分にも真似ができることを成し遂げた人を選ぶようにしてください。

【見習うのはどこ?】

模範となる人の英語で、自分が好きな部分を考えてください。その人の英語のどういった面をすごいと思いますか?全体的な流暢さですか?それとも、発音やアクセントでしょうか?もしかすると、英語を話すときの自信かもしれませんね。

【模範となる人の英語学習法】

次の段階は、模範となる人がどうやって今の英語レベルに達することができたのかを探し出すことです。どこで勉強したのか、どんな人生経験が素晴らしい英語のスキルを発達させる役に立ったのかなどについて考えてみてください。模範となる人が有名人なら、これは簡単ですよね。オンラインで調べたり、自伝を読めば、自分が知りたい情報が見つかるはずです。有名な人ではない場合は、彼らがどうやって目標を達成したのかについて直接話す時間を見つけましょう。英語学習法を伝授してもらうお礼に、コーヒーをごちそうしたり、何か頼みを聞いてあげるのもいいかもしれませんね。

【自分自身の英語学習法と最終目標】

最終段階では、模範となる人の成功に倣って自分も努力します。長期の海外滞在や、学費の高い学校に通うことなど、まったく同じように真似をすることが不可能な場合もありますが、そんな場合には、模範となる人にその状況で学んだ一番重要な知識がなんだったのかを質問して、自分の英語学習法に取り入れましょう。

最終目標は、模範となる人と同じである必要はありません。ですから、自分に向いていない英語学習法は見習う必要がないことを忘れないでください。言葉は個人的なものなので、自分自身のままでいることが大切なのです。ただ、模範となる人に一歩近づくごとに、自分の目標にも一歩近づくということを肝に銘じておいてくださいね。

 

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。