間違いやすい英語:英単語「knew」と「new」

表題にある2つの単語はみなさんにとって「新しい」単語かもしれないと、「知っていた」のですが、私たちがこの二つの「新しい」単語を「理解」できるようにお手伝いして、あなたが紛らわしいと思っている点を解決したいと思います。

こちらの記事もどう? > 間違いやすい英語:英単語「bye」と「buy」と「by」

 

上の文章を読んで、なにか変だなぁと思いませんでしたか?今回の間違いやすい単語は「knew(知っていた)」「new(新しい)」だと気がついた人がいたかもしれませんね。‘knew’ の最初の文字‘k’は発音しませんから、どちらの単語も同じ発音です。ただし、意味はまったく違います。

では、まずは‘knew’から始めましょう。

‘knew’は、動詞の‘to know’の過去形です。これは、なにかを知っているときや、なにかの知識があるときに使う単語です。例えば、先生が質問した答えをあなたは‘knew’していたのに、先生があなたを指名した途端にそれを忘れてしまったとしましょう。こんなときは、“I knew it”というフレーズを使うことができます。幼い子供がお母さんに“I knew it、I knew it、I knew it”と叫んでいる微笑ましい場面をあなたも見たことがあるかもしれませんが、知っていたはずのことを忘れてしまうのは誰にとっても悔しいですよね。

次は‘new’を見ていきましょう。

‘new’は、形容詞ですが、今までに一度も見たことがないものや、したことがないことを表現するために使います。例として、初めての授業や稽古を始めるときに、“a new lesson”などと使います。

すでに知識のある事柄について話す機会があったら、話の中で‘knew’を使うことを忘れないでください。そして、何か新しいことや、以前に経験したこととは違うことについて話すときには、‘new’を使ってみてくださいね。

二つともまったく同じ発音なので、どちらの単語を使うのか紛らわしくなりがちですが、練習のために以下の問題をやってみましょう。

1. I bought a _______ dress.
a. knew
b. new
2. I ______ the car was used
a. knew
b. new
3. She ______ that the car was _______.
a. knew; new
b. new: knew
4. The lesson was _______ for me.
a. knew
b. new

 いかかでしたか?これからも「知る」という好奇心をもって、「新しい」体験をたくさんしていきましょう!

Kelly Dawar

Photo Credit: Camera Eye Photography  | Flickr

回答:B, A, A, B

関連する記事

1 comment

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。