間違いやすい英語『dessert』と『desert』

英語の単語『dessert』『desert』は、スペルも発音も異なりますが、非常に混乱しやすい単語です。

デザート食べますか?と聞くつもりが、砂漠を食べますか? になっていたなんてこと…ありませんよね? カタカタで書くとどちらもデザートになってしまって混乱しやすいですし、発音も慣れないと難しいです!

では、完璧に覚えるためにまずはこの二つの単語をまず別々に見ていきましょう。その後で、それぞれの単語の覚え方のコツをご紹介します。

➡ネイティブ講師が指導するオンライン英会話ブログ読者様限定10%割引!!
無料でマンツーマンレッスンを体験できて、さらに入会後も初月10%OFFで受講できます。

こちらの記事もどう? – 間違いやすい英語 : 『sick』と『ill』

【dessert / 名詞】

dessertは、メインコースの後に出される甘い(たまに塩味の場合もありますが…)食べ物、例えばケーキやプディング、お菓子、チーズや果物などのことです。発音は/diˈzərt/です。

【desert / 名詞】

こちらも名詞ですが、砂や石の破片が多くて、水がなく、植物の少ない地域を表します。とても乾燥した地域なので、砂漠で生き延びることが可能な動物や、生き残るのに適した動物はほとんどいません。一番有名な砂漠はSahara Desertです。この名詞の発音は少し異なる/dezərt/です。

【desert / 動詞】

もし誰かがbeing desertedについて話していたら、それは他の人たちからひとりぼっちにされてしまうことを意味しています。砂漠にぽつん、と一人と想像すると覚えやすいかもしれませんね。類義語はto abandonです。またこの単語には、義務や地位を捨てること、特に、戻る意図も許可もなしに軍隊から去るという意味もあり、発音は/dəˈzərt/です。

【違いの覚え方】

これらの単語のスペルの主な違いは、真ん中のsの数だということに注目してください。

簡単な覚え方は、「話している単語がsweet or savoryだった場合、sが真ん中に二つある。」というものです。同じように、「desertはとても乾燥しているので、sは一つしか育たない。」と覚えることができます。

もう一つの簡単な覚え方は、二つの単語をそれぞれなにかの単語と関連づける方法です。

例えば「Strawberry shortcakeはdessertです。」という文では、sが二つあることに注目してください。そして「Sahara Desertはdesertです。」という文にはsが一つだけしかないのに注意してくださいね。

慣れるまでちょっと覚えるのが大変かもしれませんが、迷ってしまった時はぜひこの文章を思い出してみてくださいね。

➡ネイティブ講師が指導するオンライン英会話ブログ読者様限定10%割引!!
無料でマンツーマンレッスンを体験できて、さらに入会後も初月10%OFFで受講できます。

関連する記事

4 comments

    1. かよこ様、いつもEF English Liveのブログをご覧いただきましてありがとうございます。「間違いやすい」は「間違う」という自動詞を元に動詞の連用形「間違い」と、補助形容詞「やすい」で構成されているため日本語としては正しいです。他サイト様の説明も参照させて頂きましたがどちらも正しい日本語という結論に至りましたので、修正は控えさせていただきます。どうぞご理解ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。