招待を英語で丁寧に断るには

英語で招待を受けるのは簡単です。参加できると主催者に伝えるだけです。でも、招待を断らなければならないときだってありますよね。すでに別の約束がある場合でも、単に気が乗らない場合でも、相手の気分を害さないように伝えなければなりません。面倒なことのようですが、ここで紹介するガイドラインに従えば、実はとても簡単なのですよ。

招待者に感謝する

まず、招待に対するお礼を述べましょう。「Thank you so much for the invitation, I really appreciate it and it means a great deal.(ご招待ありがとうございます、本当に感謝しています。とても嬉しいです)といったフレーズを使います。 辞退するにしても、招待されたことへの感謝の気持ちを伝えることが大事です。

断らなければならないことを詫びる

「Sorry I can’t attend(出席できなくてごめんなさい)とか、「I’m afraid I’m not able to come(残念ながら行けそうにありません)などと言うことができますね。 これは英会話にも英文を書くときにも適した表現で、電話でも電子メールでも使えます。

自分の英語レベルをテストする用意はいいですか?10分間の無料EFイングリッシュライブテストを受けて、改善すべきスキルを確認しましょう。

行けない理由を説明する

イベントに参加できない理由はいろいろありますね。同じ日時に行われる別のイベントへの招待をすでに受けている場合は、「I’ve already got something on(先約があるのです)と言うことができます。また、忙しくて出席できないのなら、「I’ve got too much on at the moment(今のところ手一杯なのです)が使えます。イベントの日時に他の都市や国にいる場合は、「I’m not in town on that day(その日は町にいません)と言うのもいいですね。

別の日を提案する

受けられない非公式の誘いなら、別の日時を提案してもいいでしょう。たとえば、友達から飲みに誘われたが参加できないのであれば、「I’m afraid I can’t make it on Friday.I’m available next week, though.(悪いけど金曜日は都合が悪い。でも来週なら空いているよ)などと言えます。ただし、フォーマルなイベントの場合は失礼になるので、使うのはやめておきましょう。

schedule calendar

贈り物やカードを送る

結婚式などのフォーマルなイベントへの招待を断らなければならない場合は、とにかくカードや贈り物を送るのが礼儀です。出席できないことをどんなに残念に思っているかを説明する言葉を添えた贈り物で、相手の特別なイベントを大事に思う気持ちを伝えましょう。

招待を断るときの一番のポイントは、礼儀正しく、機転を利かせることです。自分にとっては重要なイベントでなくても、招待されたということは、相手がその時間を共有してもらいたいと思っているのです。招待者に敬意を表し、ここに挙げた簡単なガイドラインを利用して、いつかまた招待を断らなければならないときが来ても、うまく事が運ぶようにしましょう。

➡ネイティブ講師が指導するオンライン英会話ブログ読者様限定10%割引!!
無料でマンツーマンレッスンを体験できて、さらに入会後も初月10%OFFで受講できます。

関連する記事:英語で人を招待する

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。