【よくある英語の間違い】consider about

ずいぶん前にこの【よくある英語の間違い】シリーズ‘discuss’ ‘talk about’ の使い方をご説明しましたが、今回は同じように使える別の表現を二つご紹介しましょう。

こちらの記事もどう? – 間違いやすい英語:英単語「complement」と「compliment」の覚え方

 

私は、生徒がよく‘consider about’という表現を使っているのを耳にします。ネイティブスピーカーなら何を言おうとしているかは理解できますが、とても不自然に聞こえますし、これは間違った表現になります。

 

ではここで、わかりやすい例をあげてみましょう。

“I considered his offer.” (正解)
“I thought about his offer.” (正解)
“I considered about his offer.” (不正解)

いったいなぜ間違えてしまうのでしょうか?理由は簡単で、 ‘talk’ の後に ‘about’ が続くと覚えているため、‘consider’ を使う時にも、ついつい‘about’ を付けてしまうからです。気づかずに使ってしまっている人は多いと思いますよ。

‘consider’ という単語は‘think about’と同じ意味ですが、これは ‘discuss’ という単語が ‘talk about’ と同じ意味なのと似ています。よく間違えるこれらの類似点を、理解できましたでしょうか?

ではほかにも ‘consider’ と同じような意味を持つ表現は何があるでしょうか。

何かをしている途中に覚えておかなくてはならないことについて話をするときには、‘to bear something in mind’という表現を使うこともできます。

例をあげてみましょう:

“While you are writing, consider who the letter is for and why they are reading it.”

“While you are writing, bear in mind who you are writing for and why they are reading it.”

英会話アプリを使えば、スキマ時間も活用しながら自分のペースで英語を勉強できます。

では、これらをすべて会話の中で見ていきましょう。

 

Simon: “Dave, can you come over here? There’s something I need to discuss with you.”

Dave: “Sure, what do you want to talk about?”

Simon: “It’s this new project. I’m considering two options and I’d like some advice.”

Dave: “Well, I can see here that the first design looks better. It’s important to bear in mind the cost, though. The second design is less expensive.”

Simon: “Thanks, Dave. I guess I need a bit more time to think about it.”

これで、consider aboutと言ってはいけないことはばっちり覚えられましたか?

今回は‘consider’‘talk about’をご紹介しましたが、あなたが次回この【よくある英語の間違い】で勉強したい単語があれば、リクエストをお待ちしています。

Wil Procter

 

《EF イングリッシュライブ – 7日間 無料体験》
現在、新規ユーザー向けに「7日間 無料体験」を提供中!
・16レベルの自己学習教材で基礎力をUP
・国際色豊かな教師陣とオンライン英会話レッスン
・24時間、いつでも英語学習!

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。