間違いやすい英単語:「cell」と「sell」

英語には、お互いに似たような発音なのに、まったく違う意味を持つ単語がたくさんあります。今回はそういった二つの単語、sellcellをご紹介しましょう。

こちらの記事もどう? – 【間違いやすい英語のボキャブラリー】waistとwaste

【sell】

お金と交換する物やサービスのことを表す動詞のことです。To sellsellの不定詞形で、soldは過去形です。この単語は、意味が一つしかないので一番覚えやすいですね。

【cell】

この単語には違う意味がたくさんあって、まったく違うものについて使われています。ここでは、最も一般的なcellの使い方を3つご紹介します。

1. 生物学では、cellは構造や機能の上で、最も小さい有機体の単一体のことです。例を挙げると、人体はcellで構成されているということができます。
2. 刑務所の中では、cellは囚人が監禁される部屋のことを指します。
3. アメリカでは、携帯電話のことをcell phoneと呼びますが、これはcellular telephoneの短縮形です。

この他にも、cellにはたくさんの専門的な意味がありますが、この3つが、よく耳にする主な使い方です。

書くときに一番覚えやすい方法は、動詞として使いたいときにはsellを使い、名詞について話すときにはcellを使うというものです。

今回のブログでは、cellについての定義をすべてリストアップはしませんでしたが、あなたはもっと意味を考えつきますか?ぜひ下のコメント欄から教えてくださいね!

 

Kelly Dawar

現在、EF イングリッシュライブでは、
新規受講者向けに ”7日間の無料体験” を提供しています!
是非、サイトをチェックしてみてください。

関連する記事

1 comment

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。