間違えがちなビジネス英語6選

ビジネス英語では正確さが問われます。ほんの小さな過ちで、表現全体の意味が大きく変わり得るため、正確に使うことが大切です。以下のよくある6つの間違いを避けることで、自然で流暢な英語を話せるようになり、同僚や顧客と明確にコミュニケーションを取れるようになります。

Personal?personnel?

この2つの単語は、綴りが似ていますが、発音と意味は違います。以下をご覧ください。

Personnel – 「社員」という意味の名詞で、「人材」の意味で使われることもあります。最後の音節にアクセントがあり「per son NEL」と発音します。例: This company’s biggest asset is it’s personnel. They are all so motivated and productive.

Personal – 「個人の/個人的な」という意味の形容詞です。最初の音節にアクセントがあり「PER so nal」と発音します。 例: He had to take some leave for personal reasons.

Executive – 発音に注意!

発音に関するもうひとつのヒントです。executiveは企業の幹部です。訪問者や顧客に会社の最高経営幹部を紹介する際は、発音に注意しましょう!「u」にアクセントを置くと「executive」が「execute(殺す/処刑する)」のように聞こえてしまいます。

Present – presentation とは言うけどpresentateとは言わない!

「give a presentationpresent informationとは言いますが、「presentate something」とは言いません。なぜでしょう?presentate」という単語は存在しないからです!名詞の「presentation」を動詞にしようとしてこう間違えることがよくあります。

➡ネイティブ講師が指導するオンライン英会話ブログ読者様限定10%割引!!
無料でマンツーマンレッスンを体験できて、さらに入会後も初月10%OFFで受講できます。

「I look forward to hearing from you.」

hearingingを忘れないようにしましょう。「I look forward to hear from you.」と書く英語学習者がかなり多くいますが、これは間違いで、ネイティブスピーカーにはおかしく聞こえます。この表現の動詞「hear」は常に「ing」形になります。

「headquarters」の「s」を忘れずに

企業の「headquarters」とは本社のことです。「headquarters」に「s」がついていますが、これが正しい「本社」の言い方です。例: I need to go to our headquarters next week to meet the CEO.

不可算名詞に「s」をつけない

informationknowledgeadviceには決して「s」をつけないでください。これらの名詞はすべて不可算名詞です。単数として使う場合は「a piece of」を前につけ、複数として使う場合はThere was a lot of information in that presentation.またはHe gave us several pieces of important information.などと言います。また、「experience」も一連の具体的な出来事について話す場合を除き、「s」をつけません。

さあ、ビジネス英語で避けるべき過ちがわかりました。これで職場で自信を持ってやり取りできます。他にも不確かなビジネス英語と出会ったら、必ず書き留め、仕事の後に調べてください。こうして正しい表現を加えていき、ビジネス英語を完璧に話せるようになりましょう。

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。