間違いやすい英語:Loose vs. Lose

間違いやすい英語:Loose vs. lose

シリーズでお送りしている、ネイティブスピーカーでさえ「間違いやすい英語」ですが、今回も、間違いやすい「loose 」と「lose」についてご説明します。違いを勉強して、あなたが設定した「英語上達の目標」に近づきましょう!

この記事もどう?>>間違いやすい英語: Sensible vs. Sensitive

【定義・使い方】

Loose

ぴったり合っていなかったり、落ちてしまいそうな状態を表す形容詞です。例えばa loose tooth(歯が抜けそう)loose clothes(ゆったりとした洋服)のように使います。ルーズソックスのルーズもこのLooseです。「ゆったりとしたソックス」という意味になります。Looseの反対語は‘tight’や‘contained’です。

 

Lose

何かをなくしてしまった時に使う動詞です。例えば、あなたはlose your cell phone(携帯電話を無くす)lose your keys(鍵を無くす) 、 even lose money(お金をなくす)かもしれません。 Loseの反対語は‘find’ です。

 

【発音】

Loose

英語の発音はlo͞osです。「ス」という音で終わっていますが、これは‘Spain’と同じ音です。

 

Lose

英語の発音はlo͞ozで、最後の音は「ズ」です。

 

【Loose と Loseの簡単な覚え方】

さて、もうこれで「loose 」と「lose」が違う英単語ということまではわかりましたね。では、この違いを覚えやすくするためのヒントをお伝えしましょう。

‘loose’ は‘lose’ よりも長い単語ですよね。ここで、だぶだぶの洋服を思い浮かべてみてください。このように、サイズが大きすぎるものについて話す時には、単語も長い方の‘loose’ を使えばよいのです。

 

これで、ネイティブさえ間違いやすい英語「loose 」と「lose」は使いこなせますね。ライブレッスンや日常生活で実践的に使ってみてください。もしあなたが他に間違いやすい英語がありましたらコメント欄にかいれくださいね。

 

Nina

Image by Robert S. Donovan via Common Creatives

《EF イングリッシュライブ – 7日間 無料体験》
現在、新規ユーザー向けに「7日間 無料体験」を提供中! 
・16レベルの自己学習教材で基礎力をUP
・国際色豊かな教師陣とオンライン英会話レッスン
・24時間、いつでも英語学習!

関連する記事

2 comments

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。