英語のライティング力をアップする5つの方法

英作文をつくることを苦手に思っている人は多いのではないでしょうか?上達への勉強も難しそうですが、実は難しいことをしなくてもライティング力をアップできる方法はいくつかあります!さっそくみていきましょう。

 

1. ボキャブラリーを増やす

ライティング力をアップするコツ①

英語で伝えたいことを正しく説明するためには語彙力が必要です。単語の意味が分かるだけでなく、正しく使えるかがポイント。

ただ一つの単語を覚えるだけでなく、類義語や反対語などの関連した単語を同時にいくつか覚えることで効率よくボキャブラリーを増やすことができます!

ボキャブラリーが増えれば英作文をつくるのもグッとスムーズになりますよ。

ネイティブのオンライン英会話 – 日常生活で使える英語表現やボキャブラリーをネイティブから学びたい方は、今すぐオンライン英会話の無料体験へ!

 

2. スペルをマスターしよう

スペルを正しく書けないと意味が変わってしまったり、伝わらなかったりすることがあります。

日本人にありがちなのがRとLの間違い。RightとLight、ReaderとLeaderでは意味が全然違います。

伝わる英作文をつくるには正しいスペルが必須。正しいスペルを頭の中に入れておくことでライティングの際にいちいちスペルを調べる必要もなし!

 

3. 英語で読む

ライティング力アップにはリーディングが効果的です。英語で文章を読むことで、新しい単語を学べるだけでなく正しい文法や時制を習得することができます。

自分の好きなことや興味のあるテーマの読み物を英語で読むのがいいでしょう。そうすることで楽しく英語学習ができるのでオススメです!

 

4. 文法を学ぶ

ライティングでの文章の質を上げるためにも文法は大切。

正しい時制を使えているかどうかを意識しながら英作文をつくってみましょう。

中学校の頃の英語の教科書をひっぱり出してきて文法を一から勉強しなおすのもライティング力をアップするのには効果的です。

 

5. 英語で日記をつけてみる

ライティング力をアップのコツ②

 

「ライティングは苦手」という認識がある方も、実際に書いてみないと自分の弱点はわかりません。

一日の出来事を英語で日記で書いてみましょう。書き終わったら読み返して間違いがないかチェック、後日また見返してみましょう。書いた直後には気づかなかった間違いに気づくかも?!

英語で日記をつけ続けることでそのうち瞬間的に英作文をつくれるようになります。

最後に、ライティング力をアップするにはとにかくペンと紙を用意して英作文をつくるべし!まずは通勤通学中の移動時間にスマホで英作文を考えて打ち込んでみるのもいいでしょう。

ボキャブラリーを増やしつつ、英作文をつくることを習慣化していきましょう!

関連する記事

1 comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *