海外で使える英語, 英語ラボ

正しく時刻を伝える英語表現

英語で時刻を伝えることは、単に時計の数字を読み上げること以上に複雑です。時刻を表す表現や熟語が様々あり、時刻を正確に伝えるには、こうした表現を知っていなければなりません。以下の5つの簡単なヒントに従い、英語で正しく時刻を伝えられるようになりましょう。

時刻の数え方を選ぶ

英語には、2種類の時刻の言い方があります。12時間制と24時間制です。24時間制では0~23の数字を、12時間制では1~12の数字を使って時刻を表します。午前と午後の違いを表すには、午前には「am」、午後には「pm」を時刻の後につけます。「pm」は正午12:00に始まるので注意しましょう。

o’clock は12までの数字にのみ使う

「o’clock」は、きっかりの時刻にのみ使い、例えば08:00を「eight o’clock」と言いますが、08:01には使いません。また、12時間制の場合にのみ使うので、「13 o’clock」などとは言いません。

「half past」とは言うけど「half to」とは言わない

他の多くの言語とは違い、英語の「half past」は、時刻が「:30」の場合にのみ使い、それ以降の時刻には「to」を使います。つまり、6:30 は「half past six」、6:31は「29 minutes to seven」となります。また、「half past」は12時間制の場合にのみ用います。

きっかりの時刻の15分前または後には「quarter」を使う

X:15を「quarter past」、X:45を「quarter to」と表すこともできます。ネイティブスピーカーにとっては、こうした表現の方が「fifteen minutes past」または「fifteen minutes to」よりもはるかに自然に聞こえます。「half past」同様、12時間制の場合にのみ使います。

特定の時刻には「at」、 時間帯には「in」を使う

特定の時刻を表す時は「at」を使い、例えば「I’ll meet you at six pm.」などと言います。また、「midday」、「midnight」、「dawn」、「dusk」など、特定の時刻を示す特別な呼び名にも、必ず「at」をつけます。しかし、時間帯を表す場合は「in」を使い、例えば「in the morning」、「in the afternoon」、「in the evening」と言います。但し、例外がひとつだけあり、「at night」は時間帯を表しますが「at」を使います。

今度時計を見たら、英語で何というか考えてみましょう。もしわからなかったら、上記のヒントを参考にしてください。

 

はじめまして。Wilです。 英語教師、教育専門のエンジニアとして活動しています。 約10年間、英会話教室とオンライン英会話で英語を教えており、教師に対する教育指導も行っています。大手オンライン英会話のイーラーニング用の教材にも従事した経験があります。 外国語を学ぶのも好きで、4ヶ国語を話します。さらにもう一つ、新しい言語を学びたいと思っています。

Wil

Ad12 – FreeTrial Offer

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *