【ビジネス英語】ネットワーキング・イベントでの会話の始め方

ネットワーキング・イベントは、自分の業界の有益な人々と出会える、とてもよいチャンスです。けれども、自分の知らない人と会話を始めるのは難しいことがあります。外国語で会話する場合は特にそうですよね?今回は、あなたが次のネットワーキング・イベントで、興味深い人たちと素敵な会話を始められるようになる5つのヒントをご紹介しましょう。

この記事もどう? > 【ビジネス英語】ビジネスリーダーになる方法

 

1. Before the event, make sure to do your research.
-イベントの前に、リサーチをしておきましょう。

ほかの出席者のリストがあれば、出かける前にだれと話をしたいのかを決めておきましょう。出席する会社のリストがあれば、一番興味のある会社のウェブサイトを見て、そこで働いている人たちの名前を調べておきましょう。自分がこれから出会う人たちの簡単な事実を知ることによって、もっと自信が持てますし、もっと気楽に会話を始めることもできるようになります。

2. Think about where to stand.
-どの位置につくかを考えましょう。

大勢でいる人たちの輪の中に入っていくよりも、一人でいる人と会話を始める方がずいぶん簡単ですよね。部屋を見まわして、話しかけやすそうな小さなグループや、一人でいる人を探してみましょう。もしもビュッフェやバーがあれば、一人で来ている人を探しやすいので、会話を始めるのにはよい場所です。

3. Make sure you have something to talk about.
-必ず話すことを用意しておきましょう。

リサーチをしておいた場合、すでに出席者や会社について少しは知識があるはずです。そうでなければ、イベントが開かれている会場や、その場の食べ物、会場までの道のりについて話すことが、よいきっかけになります。もちろん、自分の業界の時事問題や動向などを話す方法もたいていうまくいきます。

4. Remember to look at name badges.
-名札を見ることを忘れないようにしましょう。

これは単純なヒントですが、だれかの名前を聞いたときに、目の前に相手の胸の名札がぶら下がっているのは、とても間が抜けて見えるものです。たいがいは、どの会社から出席しているのか、そして、その会社でのポジションが名札に記載されていることが多いです。こういったことに気が付けば、なにを話せばよいか、そして話さない方がよいことについてもよくわかるはずです。

5. Have a business card ready.
-名刺を用意しておきましょう。

これは、ある国の文化では、ほかの文化より重要な場合があります。けれども、おもしろい名刺を持っていると、会話を始めるよいきっかけになることがあります。ほかの人の名刺を見ることによって、なにか話すことが思い浮かぶときもあります。もし相手が自分と違う国や町の出身であれば、相手の住んでいる町について質問するのはうまい会話の始め方ですね。特に、自分が行ったことのある場所ならなおさらです。

さあ、これであなたも、どうすればネットワーキング・イベントで会話を始められるかがわかりましたね。次の機会には、ぜひ試してみてください!

Wil Procter

photo credit: Dell’s Official Flickr Page via photopin

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。