英語で楽しむ!クリスマス

英語圏の国では、クリスマスは一年で一番大きなの祝日で、家族や友人が集まる時です。英語圏の国に住んでいたり、ネイティブスピーカーの友達がいるなら、クリスマスについて英語で話してみませんか?

クリスマスに役立つ単語や表現を勉強して、英語でクリスマスを楽しみましょう!

クリスマス期間中の挨拶

あいさつの仕方は、話す相手によって変わります。クリスマスを祝っている相手には、「Merry Christmas!」 と言うのが一般的です。しかし、様々な宗教の人や無宗教の人が多い英語圏の国では、相手がクリスマスを祝っているかどうかわからないことがあります。この場合は、「Happy holiday!」または「Happy festive season!」と挨拶するのが無難でしょう。

クリスマスの習慣や食事

クリスマスにちなんだ習慣が数多くあります。教会に行ったり、外に出たりしてChristmas carols(クリスマスキャロル)を歌う人もいれば、パーティーを開いて食べたり飲んだりする人も多くいます。また、吊り下がっているmistletoe(白い果実がある葉で覆われた植物)の下でキスをする人もいます。しかし、最も一般的な習慣はgift-giving(贈り物の交換)です。クリスマスを祝うのなら、パーティーに行く時は、参加者一人ひとりに小さな贈り物を持参し、子どもには「What did Santa Claus bring you?」と話しかけましょう。

クリスマスの伝統料理

クリスマスには、食事も欠かせません。ほとんどの家庭で、大規模なChristmas lunch(クリスマスランチ)またはdinner(ディナー)を楽しみます。イギリスに住んでいるのなら、終日mince pies(保存された甘い果物でいっぱいのパイ)をたくさん食べる覚悟をしておきましょう。ランチには、ローストミートと野菜を食べます。また、食事の最中にpull crackers(クラッカー引き)が行われ、その中にあるジョークが読み上げられます。

クリスマスの時期に使われる英語

クリスマスには、家を飾り付けます。たいていの家には、電球、キラキラしたひも飾り、弓、飾り玉で飾られたChristmas tree (クリスマスツリー) があります。ドアには、ヒイラギやキヅタなどの冬の植物でできたwreath(クリスマスリース)が掛けられます。中には、家の外をライトで飾る人もいます。

クリスマスは1日だけではありません。Christmas Eve(クリスマスの前日)には、パーティーを開いたり、贈り物を交換したりして、Boxing Day(クリスマスの翌日)には、クリスマスディナーの残り物を食べて祝います。Leftovers(残り物)が何週間も続くこともあります!

クリスマスは、お友達と楽しく過ごす時です。英語でクリスマスを祝うのなら、他の人と同じように、リラックスしながら思いっきり食べて、楽しい時を過ごしましょう。ダイエットは、来年にいつでもできます!他の国のクリスマスの過ごし方について知りたい場合は、EFイングリッシュライブのグループレッスンを使って世界各国の受講生と話をしてみてくださいね。

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。