卒業式(Graduation)についての英語表現 

Graduationは、だれかが教育を終えた後に、学位を受け取るときに使われる単語です。そして、to graduateのように動詞としても使われます。

学校や大学から卒業することは、多くの国でお祝いをする理由になります。学校や大学は行事を記念して、みんながアカデミックガウンを着て、証明書を受け取る式典を行います。このgraduation ceremonyは、生徒やその家族にとって、とても重要な行事です。

こちらの記事もどう? イギリスとアメリカ文化の違い:冬の習慣やイベント

卒業式の歴史

卒業式は、11世紀にフランスで始まったと考えられています。こういった式典は、生徒が正式な教育を終えて、先生になる前に行われました。つまり、卒業式は、学位を取り終えて、教職につこうとする人を祝うものだったのです。

現在、だれかが卒業する際には、身につけるgowncapを渡されます。たいていは、ガウンや飾り帯の色が、学士、修士、博士の、どのレベルを卒業するのかを表しています。

アメリカやイギリスでの卒業式

アメリカでは、幼稚園や高校、専門学校を終えた生徒にも卒業式が行われることがよくあります。こういった卒業式では、生徒はステージを横切って歩いて卒業証書を受け取り、校長先生や、その他の学校の代表者たちと握手します。

イギリスでは、卒業式は中等教育や大学を終えた生徒のために催されます。伝統的には、博士課程を終えた生徒は大学の副総長(Vice-Chancellor)の前にひざまずいて、成就を示すストールを首にかけてもらいます。

さあ、あなたの国の卒業式について教えてください。どんな伝統がありますか?

 

Kelly Dawar

Photo Credit: suny_orange via Compfight cc

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。