アメリカ英語:よく使う5つのスラング

英語でアメリカ映画を見たことがある人ならば、典型的なスラングや口語表現に出くわしたことがあると思います。そこで今回は、皆さんが知っておいた方がよいアメリカの代表的なスラング英語を5つご紹介しましょう。

こちらの記事もどう? – アメリカ英語:9つのカジュアルな挨拶

 

1. Cool – たいがい ‘nice’ や‘great’ と同じ意味で、そして単純に ‘ok’という意味でも使われることもあります

例: “The new action film is really cool.”

あの新しいアクション映画は本当によかったよ。

2. Hit the road – これは、アメリカ人が出発するときに使う表現です。

例:“It’s time to go home so let’s hit the road.”

家に帰る時間だから、出発しようか。

3. Crash – ‘to crash’ は「寝る」とか「外泊する」などと同じ意味で使われることがあります。

例: “I’m going to crash at Steve’s house tonight.”

今夜はSteveの家に泊まるつもりだよ。

4. Hang out – この表現は、一緒に時間を過ごすという意味で、普通は友達と過ごすときに使われます。

例: “Do you and Jack want to come over to hang out tomorrow?”

ジャックと君は明日遊びにくるかい?

5. What’s up – だれかに、元気でやっているのか?とか、最近どうしていたのか?と聞くかわりに、単純に‘What’s up?’ と聞くことができます。

例: “Hey Sarah, what’s up?”

やぁ Sarah, 最近どう?

今回ご紹介した5つのスラングはアメリカで日常的に使われている表現になります。友人と話すときや、カジュアルなシチュエーションの時にぜひ使ってみてくださいね。

Kelly Dawar

Photo Credit: Michael Dougherty | Flickr

[bsa_pro_ad_space id=25]

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。