大切なことを伝える時の英語表現

友達から意味深い言葉をかけてもらい、どれだけ大切に思われているかに気づくことがありますよね。嬉しい出来事を祝っている場合でも、落ち込んでいる時でも、気にかけてくれる友達がいることで、気分が良くなるものです。こうした特別または重大な場面にぴったりの言葉を英語で見つけるのは、大変に思えるかもしれませんが、実はそれほど難しくありません。以下のシンプルな英語表現を活用して、人生の重要な場面で伝える適切な表現を身に付けましょう。

結婚式

結婚式に招待されたら、必ずCongratulations!と新郎新婦に伝えましょう。式場で顔を合わせている時でも、カードを書いている際でも、I wish you the best of happiness in the years to come.またはI hope your life together is filled with joy and happiness.と加えてください。

誕生日

このリストの中で、最も誰もに共通したイベントは誕生日です。そのため、誕生日の人に伝える言葉を知らない人はいないでしょう。まずHappy Birthday!と言ってから、Are you doing anything special to celebrate?と、何か特別なお祝いをするかを尋ねましょう。欧米では、誕生日の友達をレストランやバーに連れて行き、一緒にディナーやお酒を楽しむのが一般的で、逆に誕生日の人が招待することはありません。また、年齢を尋ねるのは控えましょう。中には、失礼だと思う人もいるかもしれません。

出産

出産は嬉しい出来事です。知り合いに赤ちゃんが生まれたら、Congratulations!と伝えましょう。赤ちゃんの性別がわからない場合は、続けてIs it a boy or a girl?と尋ねてください。写真を見せてもらったら、必ずShe’s adorable!He’s so cute!またはShe looks like her mother!と言いましょう。

病気

病気の時は、How are you feeling?と優しく言葉をかけてもらうと嬉しいものです。また、軽い病気の場合は、Take care of yourselfGet well soon!またはI hope you feel better soon!と言いましょう。お見舞いのカードを書いているのなら、Wishing you a speedy recovery!と添えると喜ばれます。

死別

大切な人を亡くすと、ショックのあまり気が動転するものです。知り合いが大切な人を亡くしたら、I’m so sorry to hear about the loss of your loved one (father/mother/brotherなど)と言い、気にかけていることを伝えて、そっと見守りましょう。また、If there is anything I can do for you, let me know.と、必要な時はいつでも助けることも加えてください。

 

次回、ネイティブスピーカーのお友達に人生のビッグイベントが訪れた際は、恐れずに声をかけてあげましょう。上記の表現を使って、心から気にかけていることを伝えてください。

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。