初心者のためのビジネス英語

英語初心者にとって、ビジネス英語はとてつもなく難しそうに感じるかもしれませんが、実際はそうでもありません。一般英語を通じて、ビジネスの場面で実に役立つ様々な表現を学んでいるはずだからです。以下は、ビジネス場面でプロとしてやり取りするための初心者向けの簡単な方法です。

1. 正しい挨拶する

お友達に挨拶する時は、「Hi! How are you?」と言いますよね?しかし、ビジネスの場面では、「Good morning/Good afternoon/Good evening.」と挨拶します。相手の苗字も添えて「Good morning, Ms. Smith.」と言いましょう。

2. 決まり文句を使う

ビジネスで使える決まり文句がいくつかあります。その良い例は、電話を受ける時で、電話に出る際は、「Good morning, Englishtown, Wil speaking, How can I help you?」と言うのが一般的です。この決まり文句は、挨拶や企業名、名前を変えて活用できます。この表現を覚えておけば、いつでも自信を持って電話に出られます。

3. 必要に応じて「sorry」と言う

「I’m sorry」はシンプルなフレーズですが、様々な場面で使えます。例えば、答えがわからないときは、「I’m sorry, I don’t know the answer.」と言います。でも、それで終ってはいけません!後に「But I will find out.」と続けましょう。「I’m sorry」で相手の問題を気に掛けていることを示し、「I will」で助けることを約束します。

4. 誰かに何かをしてもらう時は礼儀正しくお願いする

命令されるのが好きな人はいませんよね?相手に何かを依頼する時は、普通の文ではなく疑問形を使うと、はるかに礼儀正しく聞こえます。「Look at this report.」ではなく、「Would you mind looking at this report?」や「Could you take a look at this?」と言いましょう。礼儀正しく依頼した方が、相手は喜んで応じてくれるはずです!

5. 相手を怒らせずに反対意見を言う

ビジネスでは、新しいアイデアや企画について話し合う場面において、礼儀正しく反対意見を言う術を知っていなければなりません。まず、「I understand your point」や「That’s a valid opinion」と言って相手の話をきちんと聞いていることを伝えてから、「but」を使って自分の意見を加えましょう。単に自分の意見を言うのではなく、こうした言い方をすることで、たとえ意見が食い違っていても、相手の意見に耳を傾けていることが伝わり、はるかに良い印象を持たれます。

この記事を読み、自分がすでにビジネス英語を知っていたことに気づいたのではないでしょうか?ビジネス英語の最も重要な点は、プロとして礼儀正しくやり取りすることです。これは、聞こえの良い言葉や専門用語を並べなければならないということではありません。もちろん、ビジネス語を数多く知っていることは、素晴らしいことですが。すでに持っている英語スキルを最大限に活用し、上記の表現を心に留めながら、新しいビジネス英語表現を耳を澄ませて聞いてみてください。職場で、はるかにリラックスしながら英語でやり取りできるはずです。

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。