【ビジネス英語】会議の始め方:7つの便利なイディオム

会議を始める際に、ちょっとした雑談をするのはだれでも好きなものですが、始める時間がやってきたら、この7つの英語イディオムを使ってみてください。

こちらの記事もどう? –  【ビジネス英語】会議での議事録の取り方

 

1. To get the ball rolling
定義:会議や審議を始めること。
例:「OK, everyone. Let’s get the ball rolling. Come and sit down and we’ll start the meeting」
さあ、皆さん、はじめましょう。こちらにきて座ってください。会議を始めます。

 

2. To open with
定義:ある特定の話題から話し始めること。
例:「Let’s open with a summary of what each of you has achieved this week.」
さあ、皆さん一人一人が、今週達成したことの要約から話はじめましょう。

 

3. To hand over to
定義:ほかのスピーカーに引き渡すこと。
例:「I’d like to hand over to Dave to explain our plans for the next quarter」
デーブに次の四半期の計画を説明してもらいたいと思います。

 

4. On the agenda
定義:話し合うことが決まっていること。
例:「Today, the first item on the agenda is to decide on a new supplier」
本日の最初の項目は、新しい供給業者を決めることです。

 

5. To get down to business
定義:最も重要な問題点について話すこと。
例:「It’s time to get down to business. How much will this cost and how much time will it save me?」
重要な問題について話しあう時間です。どれだけの費用がかかって、どれだけ時間を節約できるのですか?

 

6. To kick off
定義:始めること。
例:「Let’s kick off by reviewing the results of our last campaign」
さあ、前回のキャンペーンの結果を見なおすことかはじめましょう。

 

7. To take the minutes
定義:会議での発言や同意事項すべてをノートに取ること。
例:「It’s my turn to take the minutes, so please let me know if there’s anything special you want me to make a note of.」
今回は私が議事録を取る番です。なにか特別にメモを取っておくべきことがあれば教えてください。

 

これらのイディオムを覚えるために、7つすべてを使って会議の提案を書いてみてください。毎週の会議に同僚といるところを想像してくださいね。いくつのイディオムを使うことができるでしょう?

この他に、会議を始める時のイディオムをなにか思いつきますか?もし思いついたら、下のコメント欄から教えてください。

Wil Procter
photo credit: Nguyen Vu Hung (vuhung) via photopin cc

関連する記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。