英文のビジネスメールで役に立つアドバイス4つ

英文のビジネスのメールを書くのは、実際に英語で話すのよりはカンタンです。

発音を気にする必要もないし、会話と違って時間をかけてメールの文章を考えることができますよね。

ただ、英語でメールを作成するときに気を付けておきたいことがいくつかあります。今回はビジネスメールを英語で作成するときに役立つアドバイス4つを紹介していきます!

 

まずはきちんとした挨拶から

メールの書き出し、簡単なようで難しいですよね。

友人へのメールでは”Hey”でも大丈夫ですが、それだとカジュアルすぎてビジネスにおいてはふさわしくありません。

英文のビジネスメールでは“Dear Mr./Ms.”の後に相手の姓をつけましょう。

【例】Dear Mr. Sato

もしすでに相手と親しい間柄になっているのであれば”Dear John”などと下の名前を使うのもOK。

 

礼儀正しい文章を書こう

ビジネスメールにおいて礼儀正しい文章を書かなければいけないのは英文でも同じ。

例えば何か要望を伝えるときに“I want”を使うのはおすすめできません。

代わりに”I would like”を使いましょう。

“I’m interested in…”は初期案の段階でまだアイデアを模索しているのであればこのフレーズが役に立ちます。

 

メールの結びは正確に!

英語でのメールの結びをどうしたらいいの…と困っている人もいるのでは?

読み手にいい印象を与えるためにもメールの結びは重要な役割を果たしますよね。

 

英語のメールでは

“I am looking forward to your reply”

(お返事お待ちしております。)

“Thank you” “Sincerely”などとメールを結ぶと読み手にいい印象を与えられること間違いなしです!

 

メールは短く簡潔に

日本語でビジネスメールを書くときもメールには簡潔さが求められると思います。それは英文メールでも一緒。

メールの始めの方で要件を伝え、その後詳細を説明していきましょう。

そのときに”First, second, next and finally”などの単語を使って読み手にわかりやすいように説明していきましょう。

 

そして本文の最後の方に

“If you have any other questions please feel free to contact me.”

(ご質問などがございましたら、お気軽にご連絡ください。)

と付け加え、読み手からの質問を促しましょう。

ここまでできたらあとはスペル、時制、単語チェックを忘れずに!

 

英語でメールを書くことに抵抗がある人もいると思いますが、以上のアドバイスをおさえれば礼儀正しく、プロフェッショナルな印象を与えるメールが作成できます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ビジネス特化型オンライン英会話を無料体験 – ネイティブ講師が在籍するオンライン英会話で、効率よくビジネス英語の上達を目指しませんか?まずは一週間無料体験!

関連する記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *