EFとオリンピック

Excellence. Friendship. Respect.

日本語にして、「卓越」、「友情」、「尊敬」。

オリンピック精神の基礎、スポーツマンシップの神髄ともいえるこの3つの言葉は、EFが掲げるビジョンと見事に一致しています。

近代オリンピックの父として名を馳せるピエール・ド・クーベルタン男爵は言いました。

‘Nothing is impossible’

「不可能なものなんて、何もない」

彼が近代オリンピックを提唱したとき、きっと嘲笑する人は多くおり、批判の対象となったはずです。
しかしクーベルタンは自らの考えに対して頑なで、1ミリのブレも許さずに近代オリンピックの基礎を築きあげました。

そんな熱意あふれるクーベルタンが組織した国際オリンピック委員会は、発足以降100年以上に渡って、人々が平和でより良い世界を作ることができるよう働きかけてきました。

オリンピックは時代とともに様々な進化を遂げています。

EFがオリンピック・パラリンピックと初めてスポンサー契約を結んだのが1988年。
以降30年に渡り、「卓越性」を追求しながら、数々のオリンピック大会を支えてきました。

  • ソウル1988オリンピック 公式語学学校      
  • 北京2008オリンピック 公式語学トレーニングサービス・サプライヤー
  • ソチ2014冬季オリンピック・パラリンピック 語学トレーニングプログラム公式サプライヤー
  • リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック 公式言語トレーニング提供  
  • 平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック 公式教育サービス・スポンサー
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック オフィシャルパートナー (語学トレーニング)

EFの活動内容は、国際大会であるオリンピック・パラリンピックでは必須のスキルともいえる語学スキルの向上をメインに、ボランティアがオンラインで受講できる英語力診断テストをはじめ、組織委員会のための語学スキルの教授、スポーツやホスピタリティーに関するデジタルカリキュラムの提供など多岐に渡ります。

Learn, Try, Applyで英語力のステップアップを約束します

EFのオンライン英会話は「ただ話すだけ」ではありません。まずは短期間でより効果がでるために個別で学習プランを作成します。

まずはオンライン教材で基礎を学び(Learn)、問題で知識を積み重ねたら(Try)、ネイティブ講師とのレッスンで応用します(Apply)。

教材は50年以上英語教育に携わってきたEFだからこそ提供できる、弱点や重要ポイントをおさえた実践的なものとなっており、確実に英語力が身に付き、次のレベルにステップアップできるようにサポートします。

Learn

Try

Apply

ケンブリッジ大学とのパートナーシップ

EFグループはケンブリッジ大学のResearch Center for English and Applied LinguisticsにEFリサーチ部門を設置し、英語学習のために常に最高の環境を創り出すよう、研究開発に努めています。

信頼される実績